忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
まこさん
年齢:
47
性別:
男性
誕生日:
1970/08/16
職業:
fromHEART代表
趣味:
居合道・フェレット
自己紹介:
こんにちは!
fromHEART代表
まこさんです。
ここでは、
ヒプノセラピスト・
ソーストレーナー・
心理カウンセラーのまこさんが、
日々の出来事や気づきについて書いていきます。どうぞよろしくお願いします。
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

seikokyokusen.gif今日は不定期連載(笑)「ソース・誰もが信じている8つのウソ」をお送りします。

4回目は「上手のウソ」について。

あなたは大好きな事を
「上手く出来ないから・・・」
「いつまでたっても上達しないし・・・」
という理由であきらめてしまったことはありませんか?

もしそういう理由であきらめてしまった事があるなら、
それはとてももったいない事です。

ソースでは
「下手でも心を燃やせるのなら絶対やり続けよう!」
と言っています。

今、その道のプロと言われている人達は始めから上手に出来たのでしょうか?
そんな事はありません。誰でも始めは初心者です。
多少覚え早いとか遅いとかはあるかもしれませんが、
情熱をもって続けていれば必ず上達します。

でも現実には多くの人が途中で夢をあきらめて
やりたくない事をする人生を選択していきます。

それはなぜでしょうか?

実は、かけた時間と上達度にその理由があります。

あなたは一つの事を始めた時、
時間をかけるほどに上達度も正比例して上がっていくと思いますか?

確かにかけた時間に比例して上達度も上がっていけば、
こんなにやりがいのある事はありませんよね。

でも現実はほとんどの場合そうではありません。

実は上達度は最初のうちはかけた時間程には伸びていきません。
時間をかけてもかけてもほぼ横ばいに近い上達しかしていきません。

ですが、ある時を境に急にグッと上達した事を実感できる時がきます。
その時初めて、「私は上達した!」と感じる事ができるのです。
これを「成功曲線」といいます。(写真参照)

ですが多くの人は、その上達の境が来る前に、
「私には才能が無いんだ・・・」とあきらめてしまうのです。

これってすごくもったいない事だと思いませんか!?
だって、もしかしたらあとちょっとで境が来たかもしれないのに!!

確かに、やってもやっても成果が上がらなければ
いくら好きなことであってもモチベーションが続きません。
心無い人の一言で傷付く事もあるでしょう。

そんな時期をどうすれば乗り越えられるのでしょうか?

それは「楽しむこと」しかありません。
結果ではなくプロセスに自分なりの楽しみを見出して、
他人になんと言われようと楽しく続けていけば良いのです。

坂本龍馬は子供の頃、剣術も勉強もまるでダメで、
藩校の先生から「うちでは教えられない」とサジを投げられた程の落ちこぼれでした。
藩の学校に行けなくなったので、お姉さんから勉強と剣術を教えてもらっていました。
それが大きくなってからは、剣の腕前は江戸でもっとも有名な北辰一刀流の免許皆伝
になりましたし、
自身が起した商社「海援隊」の船が事故を起した時、「万国航法」という法律に則って、
多額の賠償金をせしめるほど法律にも明るくなりました。

龍馬と並べるのもなんですが、僕ははっきりいって運動音痴です。
技術を必要とするスポーツが絶望的にダメで、
小・中学の頃は5段階評価で2以上を取ったことがありません。
それでも居合を続けていくうちに、
最近は道場の先生に「ホントに上達したね~~!!」
と、毎回のようにいわれるようになりました。

「でも坂本龍馬は歴史に名を残すほどの人だし、
 居合の話はたいしたことないんじゃ(笑)」

という声もあるかもしれません。

でも、仕事にして生活していくレベルに達するのに天才である必要はありませんし、
そもそもプロといってもその力量にはずいぶん差があります。

すべての野球選手がイチローほどの才能がある訳ではありませんし、
すべての学校の先生が人格者という訳ではありません。
それでもみんな立派にプロとしてやっているんです。
そしてそんなあなたを必要としている人がきっといるはずです。

「あきらめずに、形を変えて、何度でも」
チャレンジする情熱を、あなたも何かにぶつけてみて下さい。

きっとそこには「ワクワクする人生」が待っていますよ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]