忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
まこさん
年齢:
47
性別:
男性
誕生日:
1970/08/16
職業:
fromHEART代表
趣味:
居合道・フェレット
自己紹介:
こんにちは!
fromHEART代表
まこさんです。
ここでは、
ヒプノセラピスト・
ソーストレーナー・
心理カウンセラーのまこさんが、
日々の出来事や気づきについて書いていきます。どうぞよろしくお願いします。
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[161] [160] [159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


人がなにか行動を起す時、それにともなう危険について考えることはとても合理的なことです。

特定の行動がもたらしうる悪い結果に対して、用心し、警戒し、心配することで、安全に幸せに生きることができます。

このような時は、自分の行動を控えたり、抑えたり、調整したりします。


しかし、躊躇したり、行動を控えることが、明らかに非合理的であったり自滅的である場合もあります。

例えば、就職面接に行こうとしなかったり、友達の中で話そうとしなかったり、交通事故を恐れて大通りを歩かない等は、問題であり、無意味な回避行動です。

これらの行動には確かにいくらかの危険はあるかもしれませんが、それを回避することで大きな行動の制限を受けるからです。


このような非合理的考えに気づいたら、まずは、回避行動に伴う不都合な側面と、
それらの非合理的な恐れを克服することによって得られる喜びを、それぞれ書き出してみて下さい。

書き出したことを見ながら、過去にそれらに関して生じたことを思い出してください。
例えば、人前で話して笑われたことなどです。

そして、それがどんなに不都合であったとしても、決して恐ろしかったり悲惨だったりしなかったと自分に言い聞かせます。

あなたは失敗にも関らず生き延びる事が出来ていて、今後も生きていけるのです。

そこでほとんどの失敗に害はないことを理解してください。

回避行動は危険な行動に対する恐れを和らげるのではなく、増幅させるだけだということも理解して下さい。

例えば「もしエレベーターが止まってしまったらどうしよう!」と怖がり、乗るのを避ければ避けるほど、その恐怖は大きくなるのです。


回避している行動をやってみることは、はじめは心地よくはありませんが、その不快感は耐える事ができて、結果として、フラストレーション耐性を強化できます。

何かが上手く出来ないからといって、他の人があなたを非難した時には、
それは非難したその人の問題であると考えます。

自分のまずい行動を理由に、自分を非難することは間違っています。
短所も含めて、自分を受容できるようになりましょう。


無害な行動を回避している自分の非合理的考えを突き止め、継続的に反論し、恐れている行動をやってみる危険を冒して、その時の自分の思考や感情を確かめてみてください。

自分が、いかに非合理的考えを繰り返していて、それがいかにおかしなことであるかに気づくのです。

大切なことは、繰り返し繰り返し、心地悪さを経験するリスクを冒すことです。

そうして心地悪さを感じなくなったら、かつて恐れていた行動を楽しめるようにさえなれるかもしれません!


これは、すべての非合理的な恐怖すべてに効く万能薬ではありませんが、
かなり役に立つことは間違いありません。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]