忍者ブログ
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
まこさん
年齢:
47
性別:
男性
誕生日:
1970/08/16
職業:
fromHEART代表
趣味:
居合道・フェレット
自己紹介:
こんにちは!
fromHEART代表
まこさんです。
ここでは、
ヒプノセラピスト・
ソーストレーナー・
心理カウンセラーのまこさんが、
日々の出来事や気づきについて書いていきます。どうぞよろしくお願いします。
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


あなたが動揺した時には、
意識的・無意識的に非合理的・自己妨害的な考えを抱いている可能性が高いと言えます。

自分の望みや目標や理想を、絶対的な要求や命令に変えてしまっています。

以前も書きましたが、人が作り出しやすい要求は以下の3つです。

1)エゴ欲求
「私は自分のすることを絶対に成功させ認められなければならない。でなければ私は価値のない人間だ」

2)対人関係欲求
「他の人は私に対して思いやりを持ち、親切に公平に扱うべきだ。でなければ彼らはひどい人間だ」

3)環境欲求
「私を取り巻く環境は、いつでも私の望み通りであるべきだ。でなければ人生も世の中も最悪だ」


こうした尊大な欲求を、あなたがもっていたとしたら、それだけで理想を超えた水準になってしまいます。
このため、その欲求が満たされないと動揺してしまうのです。

あなたは自分自身で、自分を動揺させてしまっていることに、まずは気づいて下さい。


そして、これらの非合理的な考えに現実的・論理的・実利的に反論してみるのです。
非合理的考えに気づくことができたら、次のように考えてみて下さい。

現実的な反論:
   この大事な企画を必ず成功させなければいけないという根拠はどこにあるのか?
   失敗してしまう事で、なぜ私は価値のない人間ということになるのか?

論理的な反論:
   私がこれまで人を公平に親切に扱ってきたからといって、
   どうして人も私を同じように公平で親切に扱うべきという論理が成り立つのか?

実利的な反論:
   私は愛するすべての人からの愛情と承認を得なければいけないと信じ続けることは、
   私にとってどんな利益があるのか?


このように、自分の欲求や命令を探し出し、
それらが本当は何の中身もないことがハッキリ分かるまで、積極的・精力的に反論し続けて下さい。

また、一度自分の理想を誇大な要求に変えてしまうと、
事態を悪い方にばかり考える「最悪化」・「耐えられない症候群」・「自己・他者非難」・「過度の一般化」など、
苦悩を増加させる派生的な非合理的考えを作り出してしまいます。

ですが、このような派生的な考えは、比較的すぐに見つけることができるので、
繰り返しそれらに積極的に反論して下さい。


最悪化に対する反論:
   大事な企画に失敗してしまうことは、もちろん悪いことだけど、
   それは本当に最悪で恐ろしいことなのか?100%悪いとどうして言えるのか?

耐えられない症候群に対する反論:
   私はその人の愛を失うことを本当に耐えられないのか?この喪失は、私を死に至らせるのか?
   その愛を失う事で、今も今後も決して幸せになれないのだろうか?

自己・他者非難に対する反論:
   私のしたことは確かに悪いことだけど、そのことで私は完全に腐敗した非難されるべき人間になるのか?
   私のしたことで、どうしようもない悪者になってしまうのか?
   私は今後の人生で、一切の喜びを得てはいけないのか?

過度の一般化に対する反論:
   この大事なテストで失敗したからといって、どうして次のテストも失敗すると言えるのか?
   この仕事に関しては遅れてしまっているけど、どうして終わらせることができないと言えるのか?
   今後手がける仕事に関しても、遅れてしまうとどうして言えるのか?

合理化に対する反論:
   誰から拒絶されてもまったく気にしないというフリや、成功することが重要でないというフリをすることで、
   私はより良い人生を送ることができるのか?

このように反論してみて下さい。

もちろん、このような反論ができたからといって、
今後の人生においてまったく動揺しなくなる訳ではありませんし、永遠に幸せになる訳でもありません。

でも、そうしないよりは、ずっと素晴らしい人生になるでしょう。   
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]