忍者ブログ
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
HN:
まこさん
年齢:
47
性別:
男性
誕生日:
1970/08/16
職業:
fromHEART代表
趣味:
居合道・フェレット
自己紹介:
こんにちは!
fromHEART代表
まこさんです。
ここでは、
ヒプノセラピスト・
ソーストレーナー・
心理カウンセラーのまこさんが、
日々の出来事や気づきについて書いていきます。どうぞよろしくお願いします。
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[131] [130] [129] [128] [127] [126] [125] [124] [123] [122] [121]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最悪な事態が起きる可能性は低いですが、ゼロではありません。

最悪な出来事が起きるかもしれないという可能性を受け止めることは、
動揺をしなくなる方法のひとつとして、有効なアプローチです。

私たちは、辛いできごとや嫌なできごとが起きた時に、
「もうだめだ!」「もうお終いだ!」と思ってしまいがちですが、
最悪の可能性を受け入れていれば、それを冷静に受け止める事ができるようになります。

どんなに努力しても、用心していても、避けられない悪い出来事というのはあるものです。
すべての危険な出来事を自分でコントロールしようとしても、それは不可能ですし、
ある程度は出来たとしても、自分の生活や自由を大きく制限されてしまうこともあります。

このようなコントロールできない悪い出来事があるということを受け入れるだけでも、
悪い出来事に対する不安はかなり軽減されます。

そして、そのような出来事があったとしても、人生が終わるわけではないし、その中で楽しみを見出す事ができるのだと、信じてください。

たとえ、重い病気を患ったり、孤独であったり、人から嫌われてしまったり、楽しみを奪われてしまっても、
それでも人は、その人生の中に楽しみを見出す事ができるのです。

俳人・正岡子規は晩年、結核と脊椎カリエスのために寝たきりの生活をしていましたが、
その寝床から観える庭先を「小楽地」と名づけ、そこに四季おりおりの自然を見出していました。
病床の中で、俳句をつくり、後進の指導も行なっていました。

あなたに与えられる制限がすべてでない限り、人生における楽しみは見出せるのです。

音楽・読書・書き物・編み物・電話でおしゃべり・誰かを援助すること・・・

あなたが選び、あなたが好み、あなたの気分を良くしてくれるものは必ずあるのです。
たとえ他に出来ない事や楽しめないことがあったとしても。

あきらめないことです。望みがないと思わないことです。
そうできるとあなたが信じさえすれば、可能なのですから。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]