忍者ブログ
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
まこさん
年齢:
48
性別:
男性
誕生日:
1970/08/16
職業:
fromHEART代表
趣味:
居合道・フェレット
自己紹介:
こんにちは!
fromHEART代表
まこさんです。
ここでは、
ヒプノセラピスト・
ソーストレーナー・
心理カウンセラーのまこさんが、
日々の出来事や気づきについて書いていきます。どうぞよろしくお願いします。
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[130] [129] [128] [127] [126] [125] [124] [123] [122] [121] [120]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人は安易に一般化をしたがる傾向があります。

例えば、就職をいくつも断られた時、
「自分が望む仕事に就くことは、今は難しいかもしれない。
 この先探し続けても、良い職は見つからないなら、もうあきらめてしまおう。」
などと考えるのは悪い一般化です。

何度も失敗したからといって、また今回も失敗するとは限りません。
左利きの人にひどい目にあわされたからといって、左利きの人すべてを憎む必要はないのです。

一般化のしすぎは、他の個人や集団に対する偏見を生むことになります。

特に良くない一般化のしすぎに「レッテル貼り」があります。

「私は怠け者だ」と自分自身に対して思うということは、
いくつかの行動から、「自分はすべてのことに対して怠け者だ」というレッテルを貼ってしまっているということです。

また「怠け者だ」という考えは、
「自分は怠け者であってはならないのに、怠けている自分はダメな人間だ。」ということを意味します。

自分の行動のいくつかが、時々望ましいものではないからといって、
自分はいつも悪いという考えに陥ってしまうのです。


自分や他人が、悪い・不適当な行為をした時、自分やその人を非難する事を止め、
良い方向へ変化していこうと努力し、たとえ変化しなくても受容するようにしましょう。

あなたや他の人たちは、一般化をしすぎる事が多いし、レッテルを貼ったり、アイデンティティを断定したり、
白か黒かしかないという考えをするなどの傾向を、先天的・後天的にもっています。

このような傾向を自覚し、変化させていくことで、動揺しにくい心を作ることが出来ます。

そのために重要なのは言葉です。

自滅的な言葉や、全体を否定するような言葉は避けて下さい。
そうすると、自滅的な思考や感情に基づいて行動することが少なくなります。

しばらくすると、自分や他者に対する不正確な発言は、自分で止める事ができるようになります。

そうなれば、心の動揺は取り除かれ、精神的に安定して、冷静でいられるようになるでしょう。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]