忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
まこさん
年齢:
47
性別:
男性
誕生日:
1970/08/16
職業:
fromHEART代表
趣味:
居合道・フェレット
自己紹介:
こんにちは!
fromHEART代表
まこさんです。
ここでは、
ヒプノセラピスト・
ソーストレーナー・
心理カウンセラーのまこさんが、
日々の出来事や気づきについて書いていきます。どうぞよろしくお願いします。
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142] [141] [140]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


人が動揺する主な原因の一つに「恥辱」があります。

自分が情けなくなったり、恥ずかしく感じたり、屈辱を味わった場合、
あなたは、他の人から批判されるような誤ったことをしてしまったと感じるでしょう。

しかし、そこでとどまり、
「誤った行為で批判された事は後悔している。でもそれを必要以上に深刻に捉える必要はない。
 次回はもっと良い行動をとれるように努力しよう。」
という風に考えることができれば、恥辱を感じることなく、ただ残念な気持ちだけを持つことができます。

ところが、ここで深い恥辱を感じる場合は、
「私は絶対にこうするべきではなかった!私はなんてひどい人間なんだ!
 私は最低で、人から批判されて当然だ!」
と、自分に言い聞かせてしまっています。

自分の「恥ずべき行為」に対して、ただ後悔し残念に思うには、
「ねばならない主義」を止め、よりよい行動をとれるように願う事です。
要求するのではなく、ただ願うのです。


とはいっても、間違えたり責められたりした時に、恥辱を感じるということは誰にでもあり、
これを改善するには、ある程度の努力が必要になります。

そこで、普段から恥辱対策の練習をすることをお薦めします。
この練習法は3つのステップからなり、これによって、恥辱に対する感情面・行動面の練習ができます。


1)まず、自分にとって恥ずかしい・バカげている・みっともない・屈辱的だと思うことを思い浮かべてみましょう。
  それも、ふざけてやるようなことではなく、本当にかなり恥ずかしいと思うことを。

  ただし、人を傷つけるようなこと、あなたに害が及ぶようなこと、犯罪は無しです。
  人から非難されるようなことで、あなたや他の人にとって実害はないことを思い浮かべて下さい。

  例えば、電車の中で次の停車駅を大声で叫ぶ、
        犬のぬいぐるみに綱をつけて散歩に出かける、などです。

2)次に、この恥ずかしいと思うことを人前でしているところを思い浮かべて下さい。
  周りの人の反応や感情をはっきりと感じられるくらいイメージしてみて下さい。
  (実際に行動できれば、より良いですが。)

3)その時に浮かんだ感情をコントロールしようとしてみて下さい。
  自分の恥ずべき行為に対して、後悔したり残念に思ったとしても、
  恥辱を感じたり、自己非難したり、みじめに感じてはいけません。


ぜひ、様々な恥ずかしい行為をイメージして、この練習を行なってみて下さい。

恥や屈辱を感じなくなるように訓練する事は、様々な場面で役に立ちますし、
無条件の自己受容を達成するためにも、大いに役立つでしょう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]