忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
まこさん
年齢:
47
性別:
男性
誕生日:
1970/08/16
職業:
fromHEART代表
趣味:
居合道・フェレット
自己紹介:
こんにちは!
fromHEART代表
まこさんです。
ここでは、
ヒプノセラピスト・
ソーストレーナー・
心理カウンセラーのまこさんが、
日々の出来事や気づきについて書いていきます。どうぞよろしくお願いします。
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あなたは「バクマン」という漫画をご存知ですか?

現在「週間少年ジャンプ」で好評連載中の、
漫画家を目指す二人の少年の物語です。

個人的には、夢に向ってがんばっているすべての人に一度は読んで欲しい傑作だと思っています。

この物語の中で、主人公の少年が気づいたこと、気づきかたが
すごくソース的だなぁ~と思ったんですね。

以下ネタバレを含んだ内容になっていますので、
内容を知りたくない方はスルーして下さいね。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まず、この話を読んだ事の無い方のための簡単なあらすじから。


主人公の作画担当・サイコーは大好きな女の子との約束を果たすために、
相棒の原作担当・シュージンと漫画家を目指します。


作品を完成させてジャンプ編集部に持ち込んだ二人は、
15歳とは思えない独特の作風で、編集者からおおきな期待をかけられます。


ですが、その作風は少年漫画の王道ではなく、邪道なものでした。
邪道といっても悪い意味ではなくて、
たくさんの人気を取れるタイプではなく、少数の熱狂的なファンがつくタイプということです。


少年漫画の世界で夢を果たすために、担当編集者に逆らって、
得意の邪道ではなく、王道のバトル漫画を描いてみるのですが、良い作品が描けません。

そもそも主人公達は計算・分析して描く事が得意なので、
天才的な直感やセンスの必要なバトルものは向いていなかったのです。


王道にこだわるあまり、スランプに陥る原作担当のシュージン。

そんなシュージンの力になろうと、
ライバルのところへアシスタントに行く話を引き受けるサイコー。


ライバルの仕事場で話作りのヒントをつかもうとするサイコーは、
ライバルが、子供の頃に描いていた漫画のキャラクターを、
現在の話づくりに活かしていることを知ります。


子供の頃、ただただ描く事が楽しかった頃の気持ち。
時間を忘れて夢中になって描いていたキャラクターたち。


そんな純粋な気持ちを思い出したサイコーは、
子供の頃につくったキャラクターから、
少年誌の王道でありながら、
自分達の長所(分析・計算)も活かせるジャンル「推理もの」を描く事を思いつく・・・・。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


まだ連載中の漫画なので、ここまでしか話は進んでいません。


ですが、この話を読んだ時に僕が思ったのは、
「これをプログラムとしてやるのがソースじゃないか?」ということです。


大人になって社会にでると、
少年の頃の楽しかったことや純粋な気持ちを忘れてしまいがちです。


でも、本当に大切なことや必要なことはこういうところにあるものです。


ソースでは過去だけではなく、現在や未来もつぶさに見ていきます。


本当に大切なものとはなにか?ということに気づいて、
それを人生に活かしていく。

それがソースという生き方なのです。


ソース体験説明会のお知らせ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]